モアイ像のしゅみ日記

初心者による初心者のための 釣り・キャンプ 情報ブログ。ときどき、銭湯情報を掲載。みんなで趣味を増やして身も心も解放されよう!

DODのワンタッチテントを使ってみた

 

イオラナ〜!管理人のモアイです。

今回は、キャンプに必要不可欠なテントについて。

"キャンプが大好きな私"が実際に使っているテントを紹介します!

 

こんな人に読んで欲しい
・どのテントを買ったらいいのかわからない人
・「テントって立てるのめんどくさそう」と思ってる人
・ソロか2人の落ち着いたキャンプが好きな人
・実用性があって、インスタ映えする可愛いテントが欲しい人

 

 非力な女性でも5分あれば設営できちゃうおしゃれで可愛いテントがあるんです!

今回の商品

 私が実際に使ってるテントはこちら

DOD ワンタッチテント T2-629-BG】

f:id:Moai1:20210201190138j:plain

 うさぎのロゴマークが可愛いキャンプ用品のブランド『DOD(ドッペルゲンガー)』のワンタッチテントです。

価格は9,980円(税込)と、とてもお財布に優しい価格。

 

 その名の通り、ワンタッチで設営できちゃうテントなんです。 

 

本当に"ワン"タッチで設営できるの?

設営方法もしっかり解説するので安心してね!

 

それでは、早速レビューをしていきたいと思います!

 

機能性

大きさ

使用人数は1〜2人

ダブルサイズのエアマットがぴったり入る大きさです。

 

f:id:Moai1:20210201205655j:plain

組み立てサイズはW230×D150×H117cm(外寸)

 

平均的な身長の大人2人でも寝れるくらいのスペースはありますが、荷物をいれると少し窮屈に感じます。

  

収納サイズ

テントを畳むとコンパクトに収まります。

そして、重量がなんと付属品込みで3kgと軽量広辞苑くらいの重さです。(広辞苑って3kgもあるんだ??)

広辞苑一冊持っていくのと変わらないってことですね笑

 

f:id:Moai1:20210201205904j:plain

収納サイズは約W70×D19×H19cm。

 

155cmの私でも軽々持ち運べます。

私はバイクでのキャンプツーリングが多いのですが、バイクの荷造りでも苦労しない大きさです。

 

耐水圧

 

こちらのテントの耐水圧は1500mm

 傘の耐水圧は約200〜500mmと言われているので、強い雨からもしっかりテントの中を守ってくれます。

耐水圧の高いテントを調べてみると、10,000mmを超えるものもありますが、初心者キャンパーのうちは嵐のような大雨が予想されるときは、危険なのでそもそもキャンプには行かない方が良いでしょう。

そういう面から考えても、耐水圧1500mmは十分だと言えます。

 

大雨に降られたことは何度もあるけど、一度も浸水したことはないよ

 

通気性

入り口が大きく、インナーメッシュで、通気性はバッチリです。

入り口の反対側にもメッシュの窓があるので、真夏の夜でも快適に過ごすことができます。

逆に、寒いときはメッシュを締め切ってしまうこともできます。

設営方法

 

f:id:Moai1:20210202002512j:plain

 

ここからは、設営方法を説明するよ

待ってました!

 

1. テントが汚れないようにグランドシートを敷く

 

f:id:Moai1:20210202002835j:plain

グランドシートもDODなんだね!

可愛いでしょ!でも、これは別売だから気をつけてね。

DODグランドシート2人用を使用してるよ。

2.  キャリーバッグからテントを取り出してグランドシートの上でフレームを広げる

 

f:id:Moai1:20210202005141j:plain

 

3. フレームの関節部をロックする

f:id:Moai1:20210202003225j:plain

関節部をロック??

伸ばし切るとカチッと音がするよ。実際に触ると簡単にできるよ。

 

4. テントの上部にあるロープ2本を引っ張る

 

f:id:Moai1:20210202003931j:plain

力の弱い女性や子供でもできる?

少しだけ力はいるけど女性でも大丈夫!

お子さんがされる場合は、身長が低いとうまく力が伝えられなくて難しいかも。

5. 付属のペグで固定する

 

f:id:Moai1:20210202004105j:plain

 

6. トップシートを取り付けて完成

f:id:Moai1:20210201190138j:plain

 

本当に"ワン"タッチなんだね!

片付けはこの逆のことをすればいいよ

まずは、公園やデイキャンプ(泊まらないキャンプ)に行って練習してみよう!

 

補足  エアマット

 

f:id:Moai1:20210202104137j:plain
f:id:Moai1:20210202104143j:plain

 

エアマットもDODを使用しています。キャンプが楽しくなる鮮やかなデザインでおすすめです。こちらの商品は残念ながら、Amazon楽天市場も在庫がない状態です。

DODさん、再販売お願いします!

まとめ

 今回は、キャンプには欠かせないテントについて、私が愛用している【DODのワンタッチテント】のレビューをしました。

 
メリット
  • ソロならゆったり寝られる大きさ
  • コンパクトで持ち運びが簡単
  • 耐水圧は1500mmなので雨の日キャンプも安心
  • インナーメッシュで通気性バッチリ
  • 女性でも5分でワンタッチ設営
 
 
デメリット
  • 2人だと荷物を入れると窮屈
  • 台風や嵐のような激しい雨では浸水の恐れがあること

 

キャンプを始めたばかりの頃は、設営や準備に時間をかけなことをオススメします。

まずは気軽にキャンプをして、いつもとは違う空気を目一杯肌で感じて欲しいからです。

低価格で気軽に始められるワンタッチテントは入門者におすすめ

ぜひ、楽しいキャンプライフを送ってください!